日々徒然

9月23日


あっという間に9月も終盤
今日は工房を立ち上げてから16年目の節目の日

季節も急に秋らしくなりあちらこちらで
真っ赤な彼岸花が揺れています。



巾着田の彼岸花
実家に帰った際に両親と出かけてきました。




台風の影響で雨が続いた後だったので
水滴が雄しべにぶらさがっています。





   



 


エナガ
この子達の声が近づいてくると
ワクワクします。
エナガの群れの中には
シジュウカラやヤマガラ、コゲラがよく一緒にいます。
夏の終わりにはオオルリの雌やサンコウチョウの雌まで見かけました。




いつもでかけるパン屋さんに可愛らしいお花が飾られていて
名前を訊ねる訊ねると一つ手折ってくれました。

嬉しかったので帰って早速スケッチをとりました。
セルリア




日本画教室は一年通いましたが
たった2枚の色紙サイズの絵しか
描かせてもらえませんでした。
私の理解力が足りなかったためとは言え
これでは仕事に活かすまでにあまりに長い道のりになってしまうために
辞めることにしました。
ここからは象嵌に活かせるように自分なりに勉強しながら
ためしていきたいと思います。




教室だけで描いていたのでは
まったく覚えられないと思い家で描いていたのですが
どうしてもバックの表現がわからず
教えてをこいましたが
こちらも好きにかけばいいと言われただけでした。
鳥の絵も椿の絵もこれでいいのかわからないまま
一年も繰り返し繰り返し塗っていたために
何がしたいのか自分でもわからなくなってしまいました。

今自分の表現を掴みたくて人との交流を避けて
過ごしているのにこれでは余計に迷ってしまう。
また師や同じ生徒さんたちの意見に気持ちが揺れているようでは
今の時間が無駄になると思い離れる事にしました。


Topページへ




ブログのページが容量が一杯になってしまったためにこちらのページで
日々の様子をお知らせできたらと思います。

また過去の写真などはインスタグラムにてもご覧になれます。

Wood Art HAS